Luisa spasa

Luisa spasaルイーザ

南イタリア、ドレスの魔術師が住むプティニャーノ。25年以上ドレスを愛し、真心込めて作り続けているルイザ・ロッティのアトリエが紡ぐコレクション。特に刺繍の美しさは類を見ないほど。上質を愛し、可愛らしさを忘れない大人の女性に贈る、ロマンティックエレガンスなドレスが揃う。

LUISA LOTTI

LUISA LOTTI

幼少期よりテーブルクロスやベットリネンの端切れから人形の洋服を作っていたルイーザ・ロッティー(LUISA LOTTI)。15歳のころよりブライダル業界で学び1988年に夫ヴィート・イアコヴェ(Vito Iacovelli)と現ブランドを設立。「Made in Italy」にこだわり、高級素材やイタリアの伝統技術を駆使したドレスは、プーリヤ地方の中心から始まり、今やシチリアからミラノ・アテネ・ニューヨーク・東京まで。世界の花嫁に愛されるブランドへと成長。「結婚式当日を自分らしく過ごせる1着を花嫁に届ける」この想いを31年間守り続けている。

ページトップへ戻る